トンプー新作入荷情報

新作入荷商品&お勧め品を紹介させて頂きます

デニム育成記

★不定期ながらお送りしております店長のデニム育成計画。
2013年8月からコツコツと履く事2年と4か月、そろそろイメージ通りの色目になりました。
これからはあまり履き込まずこの色目キープしたいななんて思ております。
して、2015年末はこんな色目となりました。

ikusei1.jpg
使用モデルはハリウッドランチマーケットのPP39ワンウオッシュタイプ、サイズは30インチとなります。
PP39はやや細身のストレートラインモデルでトンプーでも定番アイテムの1つです。
デニム自体はレギュラーデニムを使用していてお値段も¥11000+税と決して高価なビンテージタイプではございません。
レギュラーデニムでもこれだけのメリハリある色落ちしてくれます。

ikusei2.jpg
デニムの味とも言えるヒゲ落ちも綺麗に出ました。
放射状にのびた左側に比べ右側は若干のうねりある線となっております。
はて?と考えたら私は右足上にして足を組む癖があるんですよ。
こんな癖が色落ちに影響するのもデニムの面白さですよね。

ikusei3
バックはポケット部分に使用感ある色落ちが特徴として出ますね。
ひざ裏の線はもう少し育てたくなります。(完全自己満足)

ikusei4.jpg
右ポケットには愛用しているダマスキーナの財布の跡がくっきりと。
左ポケット下の色落ちが強いですが、ここも右足組んだ時体重が片尻に掛る為なんでしょうね。
う~ん、デニムの色落ちから己の癖に気付くとは。(笑)

デニムの管理に関しましては1~3か月の幅で気が向いた時に極普通の洗濯洗剤を使い洗濯機で洗うのみ。
何1つ特別な事はしておりません。
それでいてこれだけの色目になるPP39はやはりおススメの1本ですね。

SN3O7103.jpg
PP39レギュラーデニムジーンズワンウオッシュモデルは現在29インチから34インチまで在庫ございます。
もうすぐ迎える新年から自分だけの1本育てて見てはいかがでしょうか?

★次回予告?
ikusei6.jpg
次はコヤツを鍛えます。


スポンサーサイト

PageTop

デニムその後

★先週末は大勢のお客様ご来店&お買い上げまことにありがとうございました。
入荷したブルーブルーxラコステのポロシャツと、ブルーブルーxウールリッチのコラボシャツはおかげさまで完売致しました。
人気アイテムと予測はしておりましたが、わずか2日で完売!やはり良い物は動きが早いですね。
さて、不定期ネタでお送りしています店長のデニム育成報告ですが先日久し振りに洗濯しましたので育ち具合を本日は紹介させて頂きますね~!

★こちらが昨年6月23日にブログ掲載させて頂いた画像です。
denimu1.jpg
当りが出始めましたがまだメリハリ感は未熟な感じですね。
ワンウオッシュから10か月履いた状態になります。

そしてこちらが現在の色目です。
IMG_1712.jpg
昨年11月に1回、そして先日1回と計2回洗濯をしました。
10か月の旅でかなり色落ちにメリハリが出て参りました。

IMG_1713.jpg
「ヒゲ」落ちもかなりくっきりと浮かび上がって来ております。

IMG_1714.jpg
ポケット&ヒップ、そしてひざ裏の色落ちも目立ち始めました。

kg9.jpg
右バックポケットにはダマスキーナのレザーウオレットを入れていますが、モロに形が浮き上がっておりますね。

kg7.jpg
すその当りはワンウオッシュの新品時に丈詰めをしたので少々甘い当りになっております。
丈詰めしないともっと強くしわが出ますがまあ、ここは丈感重視したと言う事で…。
丈詰めせずに履ける方が羨ましい!(笑)

●洗濯方法は特別な事はしておりません。
裏返しして普通に自動洗濯機で洗剤を使用して洗っております。
ブルーブルーのデニム(これはPP39)はレギュラーデニムでも充分良い色落ちしてくれます。
今年はトレンドキーワードとしてもデニムが熱い年ですよね。
皆さんも是非お気に入りの1本仕上げてみて下さいね。

★オマケ
IMG_1718.jpg

IMG_1719.jpg
こちらも同じくPP39です。
昨年の7月に追いかけとしてもう1本購入してみました。
サイズはやや細身に履くイメージで1サイズ下をチョイスしてみました。
同じ品番でもサイズ変えるとイメージも結構変わりますのでお試しする価値あるかと♪
上のデニムと同じ時に洗濯して今回2回目。
まだまだな色ですがこれから育てる楽しさありますね。
今年の夏はこの1本をメインに履き込んで行きたいと思います。
デニムはなんかマニアな世界で敷居が高いとお思いの方も多いかと思いますが、チョットしたコツみたいなものでビンテージ感ある色落ちを楽しむ事が出来ます。
デニム関連でも何かご質問ありましたらご来店時に店長へ何なりとお聞きくださいね。
可能な範囲でお答えさせて頂きます♪
PageTop

ジーンズを育てましょ!

●ブログ掲載の商品は通販も大歓迎いたします。
サイズ感や着こなし等気になる事ございましたらメール&お電話でお気軽にご連絡ください
在庫確認&通販に関するお問い合わせは下記のURLをご覧下さい。
http://www6.plala.or.jp/tongpoo/tuhan.htm
※表示価格は税抜き価格となります。表示価格+消費税が売価となりますのでご注意下さい。

★昨年から密かに人気が続いているアイテムがあります。
それはワンウオッシュデニムなんですよね。
ここ数年加工デニムの人気が続いておりますが、長く流れが続くと「久し振りに育ててみるか…」なんて思いもチラホラと。
確かに近年は加工技術も発達してリアルになってきてはおりますが、やはり自分で育てたデニムは何物にも変えられぬ魅力がありますよね。
そんな思いで店長も昨年8月から育てており、10か月でようやく味が出始めました。
denimu1.jpg
ベースとしたのはハリウッドランチマーケットのPP39。
着用履歴は・・・着用頻度は週3~4回程。
最初3か月は洗い無し。その後は1~2か月おきに計5回の洗濯をしました。
洗濯は少量の洗剤を使い裏返しにして洗濯機を使いました。特に変わった洗い方はしておりません。

denimu2.jpg
猫の髭の様に放射線状の線が出る「髭落ち」もだんだん出てきました。
PP39は14オンスのレギュラーデニムを使用していますが、これがなかなか良い縦落ちするんですよね。

denimu3.jpg
右ポケットには常にダマスキーナの財布を入れているのでほんのり財布の跡が出始めています。

denimu4.jpg
裾も当たりが出始めました。加工モデルを丈詰めするとこうならないので、ここは育てた恩義感じますね。

最初の数か月(今回の場合半年)は変化があまり無く少々寂しく感じますが、ある時期からメリハリある縦落ちがグイグイ刻まれてきます。
まだまだ青二才な色目ですがお楽しみはこれからですね♪
と、言う訳で本日は育てるデニム紹介させて頂きますね~。

●まずはトンプーおススメのワンウオッシュデニム3種ご紹介。
各モデルサイズは店頭では29インチ~34インチまで揃えております。また27・28・36インチもお取り寄せ可能ですのでお気軽にお問合せ下さい。
SN3O4457.jpg
◆PP39レギュラーデニムジーンズ 生地14オンス  ¥11000+税
先に紹介したデニムがこちら。
シルエットは細身のストレートで万能タイプ。ボタンダウンシャツや綺麗目スタイルにぴったりかと。

SN3O4458.jpg
フロントはジッパーフライを採用。はきやすさも魅力の一つです。


●続いてビンテージ派に支持ありなのがこちら!
SN3O4450.jpg
◆HP405XXジーンズ 生地14.8オンス ¥16000+税
ややゆとりのある男らしいシルエットはこれぞビンテージモデル!な1本。
「HRM」と刻まれたレザーパッチもビンテージモデルならでわですね。
ブルーブルーのデッキジャケット等ワーク&ミリタリーなアイテムにはHP405XXが合うんですよね。

SN3O4451.jpg
当然ながらボタンフライを採用。
画像ですとチョット分かりにくいですが、ステッチも金糸と茶糸の2色を使い分けております。

SN3O4452.jpg
聖林公司オリジナルデニムシリーズの特徴はこの独特の赤耳!
ロールアップ派には必須ポイントですね。
ビンテージデニム使用のモデルだけに付く特徴でもあります。
レギュラーデニムでもあれだけの色目になるほどですから色落ちは勿論GOOD!


●聖林公司でも古株のデニムがこちら!
SN3O4453.jpg
◆PP5XXジーンズ 生地14.8オンス ¥14800+税
かれこれ15年以上前から出ている歴史的モデルなのがPP5XX。
価格も発売当時と同じなのも嬉しいポイントかと。
品番に「XX」が付く通りビンテージデニム&赤耳仕様となっております。
シルエット的には細過ぎず太過ぎずの絶妙なライン。
裾口がやや広めなのでブーツ派の方にもおススメ。エンジニアブーツには鉄板のシルエットだったりします。
因みに店長もバイク乗る時はこのジーンズを長年愛用してます。

SN3O4454.jpg
こちらもボタンフライを使用。そしてチラリと見えるバックポケット裏側には…

SN3O4456.jpg
隠しリベットが付きます。このパーツもビンテージモデルを象徴するポイント。
大昔には分厚いデニムを重ねるとミシンが通らずリベットでポケットを付けていたんですね。
勿論今の技術では全てミシンで縫う事も可能ですが、あえてそんな「時代」のパーツを投入する心意気こそビンテージモデルの魅力かと。

★確かに暑い夏はヘビーなジーンズは敬遠しがちですが、実はこの季節こそジーンズを鍛えて良い色出すのに最適な時期なんですよね~。
これから一つ自分だけの1本仕上げてみてはいかがでしょうか?
一見同じに見えるシルエットも履いて頂くとそれぞれ特徴があります。
店長得意ジャンルですのでジーンズの質問等なんなりとお問合せ下さい♪
それでは本日もご来店お待ちしてますね~。
PageTop